母乳育児を支援する、愛知県のボランティアグループ「愛知母乳の会」。母乳育児支援、愛知県

定期学習会のご案内

愛知母乳の会 平成29年度定期学習会のご案内

母乳育児推進のためには、医師と看護職との連携・協力が欠かせません。今回の定期学習会では、医師の皆さんの見解や母乳育児への思いをじっくり聞き、今後の母乳育児支援に役立てたいと思います。

まず、母乳育児を成功させるためには、乳房トラブルは避けたいものです。その点を中心に愛知母乳の会の運営委員でもある産科医、小児科医、内科医それぞれの立場から母乳育児支援と乳房ケアについて講義していただきます。是非多数のご参加をお待ちしています。

日 時 平成29年10月29日(日)13:30~16:00(受付開始13:00~)
会 場

名古屋大学医学部保健学科 東館 大講義室

名古屋大学医学部保健学科 東館大講義室

地下鉄名城線『ナゴヤドーム前矢田』駅下車 東へ徒歩約10分
大幸医療センター入口(駐車場)を入り、東方面に歩いていただくと東館があります(学習会当日は会場案内表示があります)
テーマ 「医師の立場からの母乳育児支援と乳房トラブル対応」
~医師の介入が必要となった事例や対応について~
講 師 柴田金光先生 (名古屋市立西部医療センター:産科医)
金森あかね先生(豊田市 あかね医院:産科医・IBCLC)
張 尚美先生 (岡崎市 緑の森こどもクリニック:小児科医・IBCLC)
石澤芳子先生 (名古屋市 青木内科:内科医)
各講師による講義を30分ずつ、その後質疑応答を約30分間予定しています。
対 象 母乳育児に興味のある専門職
参加費 会員2,000円 非会員4,000円 学生500円
今回の学習会と同時に入会を希望される方は、
年会費1,000円+参加費2,000円 の 計3,000円でお振込みください。
申し込み方法 別紙に必要事項を記入し、FAXにてお申し込みください。
また、愛知母乳の会ホームページからも参加申し込みが可能です。
申込日から5日以内に当会事務局から直接FAXやメールでの連絡がない限り、参加可能であることをご了承いただき、その後10月25日(水)(振込締切日)までに参加費の振込をお願いします(当日は払込票の控えを持参してください)
申し込み先 愛知母乳の会事務局  FAX:0563-54-5373
振込口座番号 郵便局 00860−6−96095
※他銀行からは、 【店名】二一八(読み ニイチハチ) 【店番】218
  【預金種目】普通預金   【口座番号】8412739
振込先 愛知母乳の会
  *ラクテーション・コンサルタント資格試験国際評議会(IBLCE)継続教育単位を申請予定です
*当日参加も可能ですが、できるだけ事前の申し込みにご協力をお願いします
お申込用FAXプリントフォーム

愛知母乳の会 平成28年度定期学習会のご案内

恒例の秋の愛知母乳の会定期学習会の時期がやってまいりました。今回も興味深い内容を企画しました。

出生直後の新生児は、子宮内生活から子宮外生活へ人生最大の機能・環境変化に適応していきます。出生早期から母子が、直接肌を触れ合わす早期母子接触の効果として、母親の愛着行動を促進したり、母乳哺育期間の延長など、母子関係の安心・安定に役立っていることを実感します。しかしながら、出生直後の新生児は、呼吸・循環動態の適応がなされる不安定な時期であることから、早期母子接触の実施についての考え方は、施設によって様々ではないでしょうか。

そこで今回は、出生直後の母子接触による母子への影響について研究データをもとにご講演をいただくとともに、現在早期母子接触を実施されている施設からは、取り組みの現状と課題について報告していただきます。

是非皆様とともに早期母子接触の在り方について考える機会としたいと思います。多数のご参加をお待ちしています。

日 時 平成28年11月6日(日) 13時より受付開始
場 所

名古屋大学 医学部保健学科 東館大講義室

名古屋大学医学部保健学科 東館大講義室

地下鉄名城線『ナゴヤドーム前矢田』駅下車 東へ徒歩約10分
大幸医療センター入口(駐車場)を入り、東方面に歩いていただくと東館があります

講 演

13時30分〜14時30分
テーマ:「出生直後の母子早期接触」
講師: 高橋由紀   (助産師・名古屋大学医学部保健学科准教授)(2年半のスウェーデン留学も含め10数年にわたり早期母子接触を研究中)

シンポジウム:14時40分~16時00分
テーマ:「出生直後の早期接触の現状と課題」
シンポジスト:名古屋記念病院    名古屋第一赤十字病院
あかね医院【豊田市】 星野助産院

対 象 母乳育児に興味のある専門職
定 員 250名 (定員になり次第締め切らせていただきます)
申し込み方法

必要事項を記入しFAXにてお申し込みください。

※申し込みされた後に当事務局から直接FAXやメールでの連絡がない限り、参加可能であることをご了承ください
※参加費の振込をもって申し込みの完了とします。当日は振込用紙の控えを持参してください

参加費

会員2,000円  非会員4,000円  看護学生、助産学生500円

この機会に入会されますと、会員価格で参加ができます。
年会費1,000円+参加費2,000円 の計3,000円でお振込みください。

※なお、当会は「愛知母乳の会」です。「日本母乳の会」の会員の方は非会員となりますのでお間違いのないようご注意ください。

申し込み先 愛知母乳の会事務局  FAX:0563-54-5373
振込口座番号 郵便局 00860−6−96095
※他銀行からは、 【店名】二一八(読み ニイチハチ) 【店番】218
  【預金種目】普通預金   【口座番号】8412739
振込先 愛知母乳の会
 

※ラクテーション・コンサルタント資格試験国際評議会(IBLCE)継続教育単位を申請中です。

※当日参加も可能ですが、できるだけ事前の申し込みをお願いします。

お申込用FAXプリントフォーム

愛知母乳の会 平成27年度定期学習会のご案内

恒例の秋の愛知母乳の会定期学習会を下記のように開催いたします。皆様のご参加をお待ちしています。

日 時 平成27年11月15日(日) 13時より受付開始
場 所 名古屋大学医学部保健学科東館大講義室
名古屋大学医学部保健学科 東館大講義室
地下鉄名城線『ナゴヤドーム前矢田』駅下車 東へ徒歩約10分
講 演 13時30分〜15時30分
「母乳育児と母と子の食事 〜 お母さんになる前から色々なものをバランスよく」
講師: 多田香苗   小児科医・IBCLC
対 象 母乳育児に興味のある専門職
定 員 250名 (定員になり次第締め切らせていただきます)
申し込み方法 必要事項を記入しFAXにてお申し込みください。
参加費の振込みを持って申し込みの完了とします
参加費 会員2,000円  非会員4,000円 看護学生、助産学生500円
申し込み先 愛知母乳の会事務局  FAX:0563-54-5373
振込口座番号 郵便局 00860−6−96095
※他銀行からは、 【店名】二一八(読み ニイチハチ) 【店番】218
  【預金種目】普通預金   【口座番号】8412739
振込先 愛知母乳の会
  ※お問い合わせはFAXのみとさせていただきます。当日は振込用紙の控えを持参してください。
 ラクテーション・コンサルタント資格試験国際評議会(IBLCE)継続教育単位を申請中です。

愛知母乳の会 平成26年度定期学習会のご案内

恒例の秋の愛知母乳の会定期学習会を下記のように開催いたします。今回は日頃対処する機会の多い乳腺炎について、基礎的なお話から最新の情報まで、豊富なご経験を交えてお話をしていただく予定です。皆様のご参加をお待ちしています。

日 時 平成26年10月26日(日) 13時より受付開始
場 所 名古屋大学医学部保健学科東館大講義室
名古屋大学医学部保健学科 東館大講義室
地下鉄名城線『ナゴヤドーム前矢田』駅下車 東へ徒歩約10分
講 演 13時30分〜15時30分
「乳腺炎」
~日本助産師会母乳育児業務基準を参考に~
講師: 武市洋美   助産師・MSN・IBCLC
対 象 母乳育児に興味のある専門職
定 員 250名 (定員になり次第締め切らせていただきます)
申し込み方法 必要事項を記入しFAXにてお申し込みください。
参加費の振込みを持って申し込みの完了とします。
参加費 会員2,000円  非会員4,000円  看護学生、助産学生500円
申し込み先 愛知母乳の会事務局  FAX:0563-54-5373
振込口座番号 郵便局 00860−6−96095
※他銀行からは、
【店名】二一八(読み ニイチハチ) 【店番】218
【預金種目】普通預金   【口座番号】8412739
振込先 愛知母乳の会
  ※お問い合わせはFAXのみとさせていただきます。
※当日は振込用紙の控えを持参してください。
※ラクテーション・コンサルタント資格試験国際評議会(IBLCE)継続教育単位(2単位)を取得できる予定です。

愛知母乳の会 平成25年度定期学習会のご案内

恒例の秋の愛知母乳の会定期学習会を下記のように開催いたします。今回は母乳育児支援に欠かせないコミュニケーション・スキルについて、具体的な例を通してお話ししていただきます。皆様のご参加をお待ちしています。

日 時 平成25年11月17日(日) 13時より受付開始
場 所 名古屋大学医学部保健学科 東館大講義室
名古屋大学医学部保健学科 東館大講義室
地下鉄名城線『ナゴヤドーム前矢田』駅下車 東へ徒歩約10分
講 演 13時30分〜15時30分
コミュニケーション・スキルを用いた母乳育児支援
~産後、母乳をやめたいと訴える母親への支援を例に~
講師 五十嵐祐子 BA, IBCLC
対 象 母乳育児に興味のある専門職
定 員 250名 (定員になり次第締め切らせていただきます)
申し込み方法 必要事項を記入しFAXにてお申し込みください。
参加費の振込みを持って申し込みの完了とします。
参加費 会員1,000円  非会員3,000円
申し込み先 愛知母乳の会事務局  FAX:0563-54-5373
振込口座番号 郵便局 00860−6−96095
※他銀行からは、
【店名】二一八(読み ニイチハチ) 【店番】218
【預金種目】普通預金   【口座番号】8412739
振込先 愛知母乳の会
  ※お問い合わせはFAXのみとさせていただきます。
※当日は振込用紙の控えを持参してください。
※ラクテーション・コンサルタント資格試験国際評議会(IBLCE)継続教育単位(2単位)を取得できる予定です。

愛知母乳の会 平成24年度定期学習会のご案内

恒例の秋の愛知母乳の会定期学習会を下記のように開催いたします。今回は母乳育児の最新情報についてお話ししていただきます。日頃、母乳育児支援に携わっていらっしゃる皆様の、日常の診療や業務にすぐに役立つような情報満載です。皆様のご参加をお待ちしています。

日 時 平成24年10月28日(日) 13時より受付開始
場 所 名古屋大学医学部保健学科 東館大講義室
名古屋大学医学部保健学科 東館大講義室
地下鉄名城線『ナゴヤドーム前矢田』駅下車 東へ徒歩約10分
講 演 13時30分〜15時30分
『母乳育児の臨床に関する最新情報』
赤ちゃんがリードする母乳育児
分娩が母乳育児に及ぼす影響
愛知県薬剤師会による「妊娠・授乳サポート薬剤師」養成事業の紹介
講師 星ヶ丘マタニティ病院小児科  瀬尾智子先生
対 象 母乳育児に興味のある専門職
定 員 250名 (定員になり次第締め切らせていただきます)
申し込み方法 必要事項を記入しFAXにてお申し込みください。
参加費の振込みを持って申し込みの完了とします
参加費 会員1,000円  非会員3,000円
申し込み先 愛知母乳の会事務局  FAX:0563-54-5373
振込口座番号 郵便局 00860−6−96095
※他銀行からは、
【店名】二一八(読み ニイチハチ) 【店番】218
【預金種目】普通預金   【口座番号】8412739
振込先 愛知母乳の会
  ※お問い合わせはFAXのみとさせていただきます
※当日は振込用紙の控えを持参してください
※ラクテーション・コンサルタント資格試験国際評議会(IBLCE)継続教育単位(2単位)を取得できます。

愛知母乳の会 平成23年度定期学習会のご案内

東日本大震災で被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。地震や水害などの災害が起こると「災害弱者」としての乳幼児とその母親には、特別な支援が必要です。中でも、乳幼児の「食べ物」である母乳育児が継続できるような支援や粉ミルクの適正な利用が重要になってきます。災害時のために、粉ミルクや哺乳びんの備蓄や携帯の必要性が叫ばれていますが、災害時であるからこそ基本的には母乳育児が重要であることを理解する必要があると思います。愛知母乳の会は総会時に災害時の母子支援でシンポジウムを行いました。大変好評でしたので秋の定期学習会も「震災と母乳育児」をテーマに計画いたしました。皆様のご参加お待ちしています。

日 時 平成23年10月30日(日) 13:30~16:00
場 所 名古屋大学医学部保健学科 東館大講義室
地下鉄名城線『ナゴヤドーム前矢田』駅下車 東へ徒歩約10分
対 象 母乳育児に興味のある専門職
定 員 250名 (定員になり次第締め切らせていただきます)
プログラム
13:00 開場・受付開始
13:30~13:50 報告「インドネシアにおける母子保健」
講師 志原奈津子(山田産婦人科助産師)
13:55~14:05 小さなクリニックでの災害対策
講師 ごきそクリニックスタッフ
14:15~16:00 講演「震災と母乳育児」
講師:関 和男先生(横浜市立大学付属市民総合医療センター准教授)
参加費 会員1,000円  非会員3,000円
お申し込み時に入会もできます
申し込み先 愛知母乳の会事務局   FAX:0563-54-5373
振込口座番号 ゆうちょ銀行 00860−6−96095
※他銀行からは、
【店名】二一八(読み ニイチハチ) 【店番】218
【預金種目】普通預金   【口座番号】8412739
振込先 愛知母乳の会
申し込み方法 必要事項を記入しFAXにてお申し込みください。
参加費の振込みを持って申し込みの完了とします
  ※お問い合わせはFAXのみとさせていただきます
※ 当日は振込用紙の控えを持参してください

愛知母乳の会 平成21年度定期学習会のご案内

演題 1.母子分離となった母親への母乳育児支援 搾乳による母乳分泌確立と維持
2.NICU退院後直接授乳がうまくいかない赤ちゃんへの支援
講師 大山牧子先生 (神奈川県立こども医療センター新生児科)

NICUに入院する赤ちゃんにとっては、健康な赤ちゃん以上に、母乳育児は重要な役割を担っています。しかし、母子分離や児の未熟性などのため、母乳育児を開始し継続するにあたって、さまざまな困難を伴います。今回は新生児科医の大山牧子先生に、そのような赤ちゃんとお母さんへの支援について、科学的な裏付けと豊富なご経験に基づいたお話をしていただく予定です。赤ちゃんの入院を依頼する立場、受ける立場、双方のスタッフの方々にとって、大変参考になる興味深いお話となることでしょう。

日 時 平成21年10月18日(日) 13時~16時(12時30分開場)
場 所 名古屋大学医学部保健学科東館大講義室
名古屋市東区大幸南1丁目1番地20
HPにて交通案内等をご覧いただくことができます。
http://hes.met.nagoya-u.ac.jp/LT/access.html
地下鉄名城線「ナゴヤドーム前矢田駅」下車 東へ徒歩約10分
対 象 母乳育児に興味のある専門職(一般の方も参加できます)
定 員 250名(定員になり次第、締め切らせていただきます)
参加費 会員1.000円  非会員2.000円  学生500円
申し込み先 愛知母乳の会事務局
FAX:0563-54-5373
振込口座番号 郵便局 00860-6-96095
振込先 愛知母乳の会
申し込み方法 必要事項を記入しFAXにてお申し込みください。
参加費の振込みを持って申し込みの完了とします
  ※お問い合わせはFAXのみとさせていただきます
※ 当日は振込用紙の控えを持参してください
「今回の学習会では、ラクテーション・コンサルタント資格試験国際評議会(IBLCE)継続教育単位を2単位取得できることになりました。」

愛知母乳の会 平成19年度定期学習会のご案内

演題 『授乳と乳がん』
講師 長瀬慈村先生 (乳腺クリニック長瀬外科)

 長瀬先生は乳がんの専門医として豊富な経験をお持ちでいらっしゃいますが、母乳育児中のお母さんにも理解のある先生です。授乳期にある女性にも乳 がんは決してまれなものではありません。母乳育児支援にかかわる者として必須の知識である乳腺の疾患について、大切なポイントをわかりやすくお 話して いただきます。

日 時 平成19年 11月11日(日) 13時30分~15時30分 (13時開場)
場 所 名古屋大学医学部保健学科東館大講義室
ホームページにて交通案内図等をご覧いただけます
http://hes.met.nagoya-u.ac.jp/campus.html
地下鉄名城線『ナゴヤドーム前矢田』駅下車 東へ徒歩約10分
対 象 母乳育児に興味のある専門職
定 員 250名 (定員になり次第締め切らせていただきます)
参加費 会員1.000円  非会員2.000円  学生500円
申し込み先 愛知母乳の会事務局
FAX:0563-54-5373
振込口座番号 郵便局 00860-6-96095
振込先 愛知母乳の会
申し込み方法 必要事項を記入しFAXにてお申し込みください。
参加費の振込みを持って申し込みの完了とします
  ※お問い合わせはFAXのみとさせていただきます
※ 当日は振込用紙の控えを持参してください

***愛知母乳の会の皆様へ***<小学習会INなごやのお知らせ>

H19年10月18日(木)

名古屋地区では昨年私の努力が足りず、小学習会を開催できませんでした。申し訳ありません。
今年度は副運営委員長の張先生のリクエストで医療者向けの「スリング講習会」を行います。
「抱く子は育つ」の整形外科石田先生の推薦付です。赤ちゃんに優しい病院のお母さんは1日中赤ちゃんと一緒なので、赤ちゃんを抱っこするのは普通のことです。でも世の中には抱っこのヘタなお母さんもいます。赤ちゃんを抱っこしていると、乳臭い赤ちゃんのほんわかした温かさで、どんなに私達医療者は癒されたことでしょう。今回の講師はお母さん起業家です。自分の子育てから沢山のアイディアを産み出し、安全で楽しいスリング生活をお母さんの立場で勧めています。
お母さんの講義を聞く機会は珍しいでしょう。是非お出かけください。この機会にお母さんの支援で「あんなこと」「こんなこと」で悩んでいることをおしゃべりしましょう。

開催日 10月18日(木)18:00~19:00
会場 ごきそレディスクリニック  ばぶホール3F
名古屋市昭和区阿由知通3-10
(地下鉄 御器所下車 7番出口)
TEL:052-732-9733
講師 藤原真希枝 
スリングアドバイザー
Happy! hughug
URL:http://www.happyhughug.com
講座名 スリング講習会
対象者 医療従事者向け
参加費 500円(軽食付)
締切日 10月10日まで
お申込
方法
<氏名><連絡先>
<所属施設名><職種>をご記入の上
下記にご連絡ください。
ファックス:052-732-9732
メール  :babu@gokiso.or.jp

担当者 愛知母乳の会運営委員:小川麻子

演題 『赤ちゃんの不思議な力』
講師 水野克己先生 (昭和大学小児科助教授)

水野克己先生は乳児の哺乳行動や乳汁分泌の生理、生化学など、母乳育児に関わる幅広い研究をなさっています。今回は哺乳行動の発達をはじめ、最新のトピックスを取り混ぜて盛りだくさんのお話をしていただく予定です。

日時 平成18年 10月29日(日) 13時30分~15時30分 (13時開場)
会場 名古屋大学医学部保健学科東館大講義室
ホームページにて交通案内図等をご覧いただけます
http://hes.met.nagoya-u.ac.jp/campus.html
対象者 母乳育児に興味のある専門職
定員 250名 (定員になり次第締め切らせていただきます)
参加費 会員1.000円  非会員2.000円  学生500円
申し込み先 愛知母乳の会事務局
FAX:0563-54-5373
振込口座番号 郵便局 00860?6?96095

振込先 愛知母乳の会
申し込み方法 必要事項を記入しFAXにてお申し込みください。
参加費の振込みを持って申し込みの完了とします
  ※お問い合わせはFAXのみとさせていただきます
※ 当日は振込用紙の控えを持参してください

***平成17年度定期学習会のご案内***

↑終了しました、沢山のご来場ありがとうございました。

日 時 平成17年 10月30日(日)13時00分~16時00分 (12時30分開場)
場 所 名古屋市中小企業振興会館(吹上ホール)第7会議室
対 象 母乳育児に興味のある専門職および母乳育児支援に興味のある方
定 員 130名 (定員になり次第締め切らせていただきます)
プ ロ グ ラ ム
13:00―14:25 「歯科からの母乳育児支援―虫歯と指しゃぶり・おしゃぶりについて」
  講師 佐々木洋先生 (UTAKA DENTAL OFFICE 佐々木歯科)
1977年東京医科歯科大学歯学部をご卒業後,発育系歯科医学3講座(小児歯科学・矯正歯科学・口腔衛生学)に継続してご在籍され、乳幼児から高齢者まで,ライフステージに沿った口腔機能の育成・改善がご専門です.
今回は母乳育児支援を進める中で日頃悩むことの多い、虫歯と指しゃぶり・おしゃぶりについてのお話をしていただきます。
  座長 張尚美(医療法人尚徳会ヨナハクリニック)
14:35―16:00 「産褥期の乳房トラブルへの対処」
  講師 武田一子先生(武田助産院院長 前桶谷式研鑚会会長 前社団法人愛知県助産師会会長) 
母乳育児を推進しているとどうしても避けられない乳頭や乳房のトラブルがあります。
経験豊かな知識と技術に基づいた対処法をお話していただけます。
  座長 新實房子(医療法人尚志会山田産婦人科)
参加費 会員1.000円  非会員2.000円  学生500円      
申し込み方法 参加費の振込みを持って申し込みの完了とします
振込口座番号 郵便局 00860-6-96095
振込先 愛知母乳の会    (当日は振込用紙の控えを持参してください)
  お問い合わせはTEL 0563-56-3245(新實) FAX 0563-54-5373

交通アクセス 名古屋市中小企業振興会館(吹上ホール)
〒464-0856 名古屋市千種区吹上2-6-3 TEL.052-735-2111 FAX.052-735-2116
■地下鉄 桜通線「吹上」下車<5番出口>から徒歩5分

小学習会のご案内

場 所 ごきそレディスクリニックばぶホール3階
日 時 2005年 9月1日木曜日 19時00分から
参加費 500円(軽食つき)
テーマ マタニティーブルーズとお産後の不安
講 師 室谷医院:院長 室谷民夫先生(講師についてはHPをご覧ください)
  参加希望の方は
TEL052-732-9733 FAX052-732-9733 Eメールbabu@gokiso.or.jp まで。
資料などの準備があります。前日までにご連絡お願いします。

暑い、暑い毎日です。お元気ですか?
岡山での日本母乳の会も済みました。
新たに母乳育児支援について学ばれたことも多いと思います。
秋になると、いよいよ愛知母乳の会の小学習会の季節になります。
トップを切って、名古屋地区ではごきそレディスクリニックで夏季の如く行います。
出産後のマタニティーブルーズや産褥うつ病の母子や家族への援助にについて精神科専門医を招いて一緒に学びたいと思います。
当院でかかわった、何人かの母子の援助を日赤病院時代にお願いした室谷先生が八事で開業されました。
今回の講師を引き受けてくださいました。
お人柄や治療の考え方はぜひHPをご覧ください。
母乳育児は続けたほうが母子の援助になると考えられています。
秋の夜長に、皆さんの事例や悩みを語り合い学びあいましょう。
多数ご参加ください。なお連絡が遅れましたことお詫び申し上げます。

ごきそレディスクリニック小川麻子

平成16年度定期学習会のご案内

演題 『産科医としての母乳育児支援』
講師 杉本充弘先生 (日本赤十字社医療センター産科部長)
座長 山田満尚(医療法人尚志会山田産婦人科院長)

講師紹介
杉本充弘先生は昭和48年に東京大学医学部医学科をご卒業されました。
現在、「赤ちゃんにやさしい病院(Baby Friendly Hospital)」に認定された日本赤十字社医療センターの産科部長でいらっしゃいます。
さらに、日本産科婦人科学会代議員・指導医・認定医、日本新生児学会評議員、日本母乳哺育学会理事など、主に産科医療の分野で大変ご活躍されていらっしゃいます。
今回の講演では、母乳育児支援について、興味深いお話をしていただく予定です。

日 時 平成16年 10月31日(日)  13時00分~16時00分 (12時30分開場)
内 容 13:00―14:20 講演  質疑応答
14:30―16:00 パネルディスカッション「赤ちゃんにやさしい病院への道のり」
場 所 名古屋市立大学医学部研究棟11階臨床講義室A(名古屋市立大学病院の南隣)
ホームページにて交通案内図等をご覧いただけます
http://w3hosp.med.nagoya-cu.ac.jp/
対 象 母乳育児に興味のある専門職および母乳育児支援に興味のある方
定 員 160名 (定員になり次第締め切らせていただきます)
参加費 会員1.000円  非会員2.000円  学生500円
申し込み先 愛知母乳の会事務局
FAX:0563-54-5373
振込口座番号 郵便局 00860?6?96095
振込先 愛知母乳の会
申し込み方法 必要事項を記入しFAXかEメールにてお申し込みください。
参加費の振込みを持って申し込みの完了とします
  ※お問い合わせはFAXもしくはEメールのみとさせていただきます
※ 当日は振込用紙の控えを持参してください